移動式散乱吸音体

音響部材

音響製品

型式: TNK1809D

販売価格: \189,000(税別)/ 1台

この製品は受注生産です。

設置場所を移動させる事により、部屋の残響時間を増減させる事が出来ます。

また、使用楽器からの距離を変化させる事により、豊かな1次反射音を得る事が出来ます。

 


残響時間の増減が可能!

移動式散乱吸音体は、曲面での散乱機能と裏面での吸音機能を使い分けることにより部屋の残響時間を変更することが可能です。
例えば以下の例でみますと、「よりデッド」にしたい場合は吸音面にセットすることで平均吸音率が0.28、「よりライブ」にしたい場合は散乱曲面にセットすることで平均吸音率は0.18となります。

※吸音率は500Hz時

【測定時の環境】
2.5×3.4×2.4の6帖弱の部屋に、テラス窓・ドアが1ヶ所づつ。壁はヤマハミネラボード(Q/V)を配置。 移動式散乱吸音体を2個使用の場合です。

一次反射音のコントロールが可能

音源から壁などに当たって反射した音(一次反射音)の伝播イメージは以下のようになりまので、散乱吸音体を任意の場所にセットすることにより、一次反射音をコントロールすることができます。

 

寸法

木製枠(集成材)・散乱版は、塗装可能です。また、吸音面のクロスは色調が選べます。